思考の種

日々の着想、思考を記録していく

苦しみは出来事とは何の関係もない。

苦しみは出来事とは何の関係もない。
 
出来事に対する反応のなかにあるだけだ。
 
出来事はただ起こっているだけだ。
 
それを自分がどう感じるかは、まったく別の問題だ。
 
では、なぜ人によって同じ出来事でも感じ方が違ってくるのか?
 
それは出来事と反応の間に解釈があるからだ。
 
解釈次第で反応はいくらでも選択することができる。
逆境に強いリーダーは解釈にフォーカスできるので、ピンチを逆手にとりビッグチャンスに変えている。
 
ここで注意が必要なのは、どんな反応を選ぶにしろ責任を伴うということである。
 
その責任とは「選択に対する責任」ではなく「選択の結果に対する責任」である。
 
今の自分は過去の自分の選択の結果である。
 
そして、この瞬間も絶えず選択を繰り返している。
 
未来の結果を考えれば、今とるべき行動は自ずと見えてくるであろう。